トップページ > 施工手順 > ストラブ・グリップ GXタイプ

ストラブ・グリップ GXタイプ

施工時には必ず付属の「使用説明書」をお読み下さい。

施工手順

1 それぞれの管端部に取り付け位置のマーキングをします。
2 片側のパイプに本継手を通した後、もう一方のパイプを設置したら、本継手をマーキングした位置まで移動します。
3 ラチェットレンチ等で左右のボルトを交互に締めていきます。
4 一方のボルトを一気に締め付けると、ボルトの焼き付き(カジリ)や破断する可能性があります。
5 ケーシングが「メタルタッチ」の状態になっているか、目視にて確認します。
6 施工の確認をし、問題が無ければ作業完了です。
このページの先頭へ
施工手順